So-net無料ブログ作成
捜査一課9係 第五話 井上和香 山本ひかる ブログトップ

捜査一課9係 第五話 井上和香 山本ひかる  [捜査一課9係 第五話 井上和香 山本ひかる]

【新・警視庁捜査一課9係 シーズン3 第五話のストーリー】

小料理屋「ふるさと」で店主の古野(大高洋夫)が、遺体で発見された。
青柳(吹越満)は、従業員の桜(井上和香)が現場にあった100円ライターを
隠すようにしまうところを目撃する。
証拠品としてライターを没収した青柳は、そこに書かれた「椿鮨」へ行き
ライターが誰のものかを探しはじめる。

 倫太郎(渡瀬恒彦)は、店のメニューにある「ふるさと汁」が気になった。
桜に尋ねると、古野の創作料理だったという。
さっそく「ふるさと汁」を作って、桜と喫茶店の主人・葉子(長野里美)に試食させるが、
味が本物とは違うと言われる。

 事件の夜、「椿鮨」の従業員の本城(福井博章)が、「ふるさと」から出てくるのを
目撃されていた。本城の話では、桜は以前「椿鮨」で働いていた。
しかし突然退職し「ふるさと」で働きだしたという。
そのうえ咲良は、従業員でありながら古野の大家になっていたという。
そして葉子の話では、桜と古野は男女の関係だったらしい。

やがて、桜の妹で輸入雑貨販売会社社長・チカ(山本ひかる)の存在が明らかになる。
チカは15歳のときに家出をしていた。

 倫太郎がこだわる「ふるさと汁」に隠された思いとは・・・。

【キャスト】
渡瀬恒彦 井ノ原快彦 羽田美智子 中越典子 吹越満
原沙知絵 津田寛治 田口浩正 内田朝陽 佐藤江梨子
大高洋夫 井上和香 長野里美 福井博章 山本ひかる


新・警視庁捜査一課9係 トップ
nice!(0) 
共通テーマ:テレビ
捜査一課9係 第五話 井上和香 山本ひかる ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。