So-net無料ブログ作成

絶対零度 第四話 七瀬なつみ 青山和也 [絶対零度 第四話 七瀬なつみ 青山和也]

【絶対零度 特殊犯罪潜入捜査 第四話のストーリー】

桜木泉(上戸彩)や瀧河信次郎(桐谷健太)たちに新しい捜査指令が出る。
名門小学校・教応学園の児童3人が、連続して誘拐されている疑いが浮上する。
児童連れ去りの目撃証言も出ているが、保護者からの通報がなく、学校も
全員の無事を確認しているとして事件を否定している。

教応学園の児童が12年前に誘拐され、捜査員のミスで児童が殺害されたことがあった。
そのときの二の舞を恐れて、学校側が隠していることも考えられる。
誘拐事件の有無を確認するために、特殊犯罪捜査班が動き出すことになった。

目撃証言のあった付近の防犯カメラに、教応学園児童の大塚則人(青山和也)が
連れ去られる映像があったため、誘拐事件があったものと確信し、捜査が始まる。

倉田工(杉本哲太)と高峰涼子(山口紗弥加)は、教頭の氏家嘉子(七瀬なつみ)に
聞き込みを行なった。
しかし、氏家は誘拐事件の存在自体を否定。
それどころか、名簿の貸し出しも拒否する。

学園で花壇改装工事が行われることに目をつけた捜査班は、
泉と白石晋太郎(中原丈雄)と磯村亮平(小林高鹿)で、工事担当者を装い学校に潜入する。
泉は、職員室が誰もいなくなる会議の時間を狙って、生徒の住所録と出席簿を撮影して
分析班へ転送する。

その結果、3人の生徒が1週間休んでいたことがわかった。
そして、そのなかの1人は則人だった。

そこで、3人の保護者に聞き込みを行うが、みんな話そうとしない。
瀧河が捜査して得た情報によると、なんと則人の身代金が学校に振り込まれていた。
事件には学校が関与している疑いをもつ捜査班。
泉は則人に接触するのだが・・・。

【キャスト】
上戸彩 桐谷健太 山口紗弥加 丸山智己 北川弘美 木村了
中原丈雄 杉本哲太 北大路欣也
青山和也 七瀬なつみ


絶対零度 特殊犯罪潜入捜査 トップ
nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。